フェルデンクライスの本当の変化とは‥

  • 2012.08.13 Monday
  • 12:45
 
ATMでも、FIでも、
フェルデンクライスのレッスンの後で感じた変化が
しばらくすると消えてしまって、

『あ〜、もう効果が終わってしまったのね‥』とか、
『効果が2日しか持続しなかった‥』とか‥
思ったことはありませんかー?

私がトレーニングの1年目の時に、
トレーナーの先生に質問したことがあります。

『ATMの後で感じた感覚がなくなってしまうのは
 効果が消えてしまったということですか?
 それとも、その状態に慣れてしまって、
  感じなくなってしまうのですか?』

先生は、言われました。

その、どちらでもありません。
どんなものでも、感覚というものは必ず消えるものです。

レッスンの後で感じる感覚
背が高くなったとか、
からだが軽くなった、
どこかが楽になった
というのは、おまけのご褒美のようなもので
それがレッスンの目的ではありません。

つまり、どういうことかというと
例えば、食事をしてお腹がいっぱいになっても
満腹感という感覚は時間がたつと消えてしまいます。

でも、消化されて吸収されて体の一部になっていく過程は
自分では感じられない。

それは少しずつ時間をかけて変わっていくもので、
でも確実に、変化している。

それと同じで
レッスンを続けていると
ある時突然、ふと 
『何か立ち方が変わったな‥』
と気づいたりする。
それがレッスンの本当の変化なのです。

私の経験でも
やはり、なにげない時に
ふと  自分の姿勢が今までと違うことに気づいたり、

歩いていて
『骨盤がこんなにくるくると自由に動いているんだ』 と感じたり

また電車に揺られている時に、
胸の上の方がやわらかく動いているのに気づいて驚いたり

それは、レッスンの直後ではないです。
そして、そういう変化は時間がたっても、もう消えません。

それは、脳の神経システム自体が変化したから。

フェルデンクライスは
ATMでもFIでも
ストレッチやマッサージのように
一時的に体をほぐしたりするものではなく

エクササイズではなく、
『学習』 と言われるのはそういうところなのです。

治療ではないので
治す ⇒もとに戻ってしまう 
⇒治す⇒ また戻ってしまう
とは、根本的に全く違うことが起きています。

例えば、子供のころに
何か文章を一生懸命に覚えたことがありませんか?
百人一首とか、詩とか、じゅげむじゅげむ〜 とか

覚えても翌日には忘れてしまっていて‥
また覚えて、

ふと気づくと、ある日突然、
すらすらと言えるようになっています。

そして、それは20年30年40年たって、
大人になっても思い出せます。

それと似ているのかな。

脳の神経システムに働きかけ、
変化させていく。

先生は
『レッスンの 短期的な変化は消えていき、
本当の変化には時間がかかる』
と言われました。

何だ‥、時間がかかるのか‥
と、がっかりしないでくださいね!

でも、それはちゃんと自分のものになるのです。

一時的に効果があっても、
すぐに元にもどってしまうようなものよりも
価値がありませんか?

レッスンの後に感じる変化は
すぐに消えてしまうもの‥というよりは

こういう風になれるのだ、という
可能性をはっきり体で感じさせてくれているのだ
と思います。

いつも、自分が猫背だと思っている人も
こんなに楽に胸をふわっと開いて立てるんだな‥
と感じたとしたら、

つまり、そういう風になれるのです。
学習することによって。
だって、短い時間でも、実際にそうなれているのですから!

レッスンをすると、
肩こりなどの体の不調が楽になったりします。

背中がふわっとやわらかくなって、
いい気分になったり
リラックスしたり、
気分がすっきりしたり
おだやかになったりします。

だから、そういう効果のために
フェルデンクライスをやるのも、
もちろんOKだと思います。

それも、意味のあることだし、
すてきな効果です。

レッスンを続けていると
不調をひきおこす前に、
自分で気づいて、
無理な体の使い方をやめることもできるようになります。

トレーナーの先生がおっしゃるには、
脳の中では
習慣的にくりかえしている行動は
ソリで何度も何度もすべり降りた
深い溝のようなものです。

そして、レッスンで得た新しいやり方は
1回すべっただけの、まだ浅い溝です。

どうしても滑りやすい深い溝の方に戻ろうとしてしまいます。

そして習慣的なやり方にもどってしまう。

でも、新しく作った溝は
ちゃんと残っています。
消えてしまってはいません。

それを少しずつ深くしていけば
それが、やがて自分のやり方になっていき
最初にあった古い習慣という溝を手放すことができる。

脳の中では 、
ニューロンの結びつきが変わっていく
ということになるのでしょうか。
新しい神経のネットワークが作られていく。

心も体も
脳というのは、大人になっても
行動によって変化していくものなのです。
                      
          ⇒Blogのトップへ

 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Blog村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM