ミュージカル『サンセット大通り』 観劇

  • 2015.07.20 Monday
  • 00:53

JUGEMテーマ:舞台鑑賞

花束
サンセット大通り 赤坂ACTシアター 2015.7.19 13:00 



<出演>

安蘭けい 平方元基

鈴木綜馬 夢咲ねね 
水田航生 戸井勝海 浜畑賢吉


<作曲>

アンドリュー・ロイド=ウェバー


<演出>
鈴木裕美




私が一番最初にはまったミュージカルは
高校生の時に観た 『エビータ』
主演は久野綾希子さんでした。

それまでは、ミュージカルといえば、
お芝居の中に歌と踊りのナンバーが入っているようなものや、
お芝居仕立てのショーみたいな感じのものとか。

エビータを観て、
美しい音楽にセリフがのせられた舞台に感動しました。

だから‥
アンドリュー・ロイド=ウェバーの音楽大好きです

 


初めてこのミュージカルの音楽を聴いたのは
ミュージカルコンサートでした。
今井清隆さんの 歌う

♪Sunset Boulevard


‥その時は、舞台の内容を知らなかったので
何か、クセのあるおじさまのナンバーかと‥(失礼‥
ちゅん
でも、素敵でした!

印象に残るメロディーです。


若い脚本家のジョーは
借金取りに追われて、ある屋敷に逃げ込む。


そこには、かつてのサイレントムービーの大スター
ノーマ・デズモントと執事のマックスが、
かつての栄光の記憶の中で、

浮世離れした生活を送っていた。

ノーマは、映画界への復帰のため、

自分で書いた『サロメ』のシナリオの手直しを、ジョーに依頼する。
そして、ジョーの屋敷での生活が始まる。

繊細で狂気と紙一重のノーマ。
2人の関係は深まっていく。
しかし、ジョーは脚本家のベティにも惹かれていく。

嫉妬と狂気が悲劇的な結末につながる‥


ノーマを演じるのは安蘭けいさん。

最初に登場したシーンで、
歌に心を動かされてしまった‥

もう世間から忘れられてしまった女優なのに
まだ、自分が『大スター』であり
観客が自分を待っている、という幻想の中に生きている。




‥このシーン。

これは公開舞台稽古のもの。

どちらも公式サイトのものです。



ラストの、集まった警官や記者を
撮影のスタッフだと思い込むノーマ
もう涙だけでなく‥鼻水もでてきてしまった‥
Docomo_kao19

 


鈴木綜馬さんの演じる、ノーマの執事マックス。
ノーマに忠実な彼は、実は彼女の最初の夫で

ノーマの初期の頃の作品をすべて撮っていた
当時の新進気鋭の監督の1人だったと、

2幕でわかる。

彼がどんな気持ちで現在のノーマを見つめ、
ノーマとジョーの関係を見ているのか‥。


その表情や目つきを追っているだけで、

なんだか1つのドラマがある。
マックスが出てくるたびに、

オペラグラスで追ってしまった‥。

私は、彼がこのドラマの影の主人公のようにも見える。


平方元基さん、夢咲ねねさんの
若いカップルもとてよかったのですが、
年上カップルの2人のインパクトが強すぎた‥。

ノーマの旧知の映画監督に、浜畑賢吉さん。
若い頃のノーマを知っていて、
彼女を見るあたたかい目が印象的で素敵でした。

金に困っているジョーを冷たくあしらう
プロデューサーシェルドレイクの
戸井勝海さん。


登場場面は少ないですが、
あの感じの悪いところがなかなかよいです
きらきら

当分、頭の中を、

曲がグルグル回り続けますね‥♪

上演時間。



<関連記事>

ミュージカル「サンセット大通り」2020 観劇
『CHESS THE MUSICAL』 観劇


          Blogのトップへ



にほんブログ村

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

Blog村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM