自分を認めること。

  • 2016.09.15 Thursday
  • 22:41

ねこ

『向上心』って、

すごく素晴らしいものだと、ずっと思ってきた。

 

 

たしかに、素敵です。

 

自分の中から湧いてくる好奇心や、

気持ちがわくわくするような期待をもって

 

『向上したい』 と思うのは。

 

 

でも、もしそれが

今のままの自分ではダメだから‥ とか、

このままでは、自分は価値がない‥

というような

自己否定の気持ちから始まるものだったり。

 

常に上を目指さなければいけない

というような、社会的な価値観から

 

向上心のないのは、ダメなやつだ‥とか。

だから、止まっている自分はなまけているのだ‥とか

 

強迫観念からきているとしたら。

 

それは、よくない。

 

他人に「もっと向上心を持ちなさい。」

とか、よけいなお世話。

 

最近、よく考えるのです。

 

結局、まるっと自分を肯定できる人が

いちばん強い。

 

安心して、自分を信じられる。

安心して、自分を好きだと思える

 

やわらかくて、折れない。

 

 

どんな些細なことことでも、

自分を否定したり、

強迫観念から始まる行動は、

 

人を幸せにしないのだ、と。

 

 

私が自己否定しない人だから言うのではなく。

自分を肯定する難しさが、わかるから。

 

 

昭和の時代は

日本が成長する途中で、

 

頑張る人が報われる。

 

365歩のマーチ。

休まないで歩け♪

スポーツは根性。 

 

褒めると、人をダメにする。

甘やかすな、と。

 

「いえ、私はまだまだです。」

 

自分を肯定することは

『うぬぼれ』 と言われた。

 

自分に惚れたらダメだって‥?

そんなことを、

誰が言ったんだろう。

 

 

さっき気づいたのですが、

最近 『自惚れる』 という言葉を

あまり聞かなくなったような気がしませんか。

 

いつの間にか、死語になってるのかな?

時代や、価値観は、変わりつつあるのだろうか。

 

その時代は、それが大事なエネルギー源だったし、

それでもキラキラしていたんだけどね。

 

でも、自分を肯定するのはむつかしい。

自分を、認められない。

何か、安心感がない。

 

 

私の今のテーマは、

自分に対しても人に対しても、

 

認めること。

 

自分を肯定すると、

人のことも肯定できる。

 

もしかしたら、

何か歯車が狂いつつあるような

行き詰ったような

今の時代、全体のテーマかもしれない。

 

その裏にあるのは

愛。かな。

 

なーんて思いながら。

 

だから、

好奇心から始まるのでないような向上心は、

持たないのです。

 

     ⇒ブログのTOPへ


にほんブログ村  

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Blog村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM