『Concierto del Tango−タンゴのすべて−』鑑賞

  • 2017.10.25 Wednesday
  • 21:38

JUGEMテーマ:舞台鑑賞

ねこ

日亜修好120周年記念特別企画

CD『Todos del Tango (タンゴのすべて)』

発売記念コンサート

Conciert del Tango ータンゴのすべてー

めぐろパーシモンホール 2017.10.25 12:00〜

 

 

 

<出演>

彩乃かなみ

久野綾希子

クミコ

咲妃みゆ

姿月あさと

鳳翔大

星奈優里

真琴つばさ

水夏希

渡辺えり

 

アルベルト城間

伊礼彼方

岡田浩暉

篠井英介

 

CDは、他にもたくさんの歌手の方が

参加されているようです。

 

 

台風が去って、

今週はぽかぽか晴れの日が続く、

と思っていたのですが、、、

 

朝起きたら、雨の音。

気温も12月並みの寒さだという。

‥どうなってるんだ。

 

平日ですが、私は今日はお休みで、

タンゴのコンサートへ。

 

2時間45分の舞台。

 

歌も、ダンスも、演奏も、

素晴らしいコンサートでした。

 

宝塚出身の方が多かったのですが、

名前や曲名の紹介がないので、

私には、姿月あさとさんと真琴つばささん以外は

ほとんど舞台で見分けがつかず‥。

 

このメンバーの中では、

歌手ではない渡辺えりさんの

ピアソラ『ロコのバラード』。

役者のすごさを見せつけられる

一番のインパクト。

 

アルベルトさんは、

すごく昔、テレビのスペイン語講座に出演されていて

歌も聴いていたので、なんだかなつかしく、

スペイン語の歌詞もさすがに決まってます。

歌、やっぱりうまい。

 

アルベルトさんの他は、

唯一スペイン語で歌ったのが、伊礼彼方さん。

伊礼さんはハーフなんですね.

 

岡田浩暉さんの

『追憶 Remenbranza』もよかった!

大人の歌ですね。

 

このステージ、男性陣が少ない。

 

 

クミコさんの

『Chiquilin de Bachin

日本語で歌われるのを初めて聞いたのですが、

とても好きな歌。

 

最近、タンゴを聴いていなかったのですが、

あ、これ昔好きだった曲だけど・・何だっけ?

 

とか、色々と発見があって

面白かったです

『Nostalgias』 というドラマチックな歌。。

 

あと、歌のない曲。

『Evaristo Carriego』 かな?

パンフを買っていないので‥.

 

家に帰ったら、タンゴを聴こう。

 

 

座席は、横のLの席だったのですが、

前の手すりが、ちょうど舞台と重なって

センターで立って歌う人に

手すりがかぶってしまって見えない‥。

下の隙間から覗き込む。

 

下手に立つ人は

少し体を乗り出さないと見えない‥。

 

ちゃんとステージが見えない席が「S席」というのは

ちょっとどうかと‥。

 

少し、劇場(主催者?)の方は

考えた方がよいのではないかな?

 

何だか、舞台を横から覗かせてもらってるような、

ちゃんと観ている感じがしなかったかなぁ。

 

          Blogのトップへ

 

 ⇒花フェルデンクライス・メソッドwebサイト(PC版)

 ⇒花フェルデンクライス・メソッドwebサイト(スマホ版)

 

 



にほんブログ村  

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Blog村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM