『グレイテスト・ショーマン』鑑賞

  • 2018.04.07 Saturday
  • 18:50

JUGEMテーマ:映画

菜の花

『グレイテスト・ショーマン』2018.4.1鑑賞

 

 

ヒュー・ジャックマンが素敵でした!

 

ストーリーが物足りないという評判もありますが、

音楽の力で、登場人物の思い、

夫婦、親子、恋人、友情、仲間の愛が

すごくパワフルに伝わってくる。

 

 

バーナム(ヒュー・ジャックマン)は、

職場を解雇され、

興行師となって、今までにないショーを作る。

 

『ユニークな人求む』

の求人に集まってきたのは、

髭のはえた女性や、大男、小男

巨漢、全身刺青の男や

犬のように毛がはえた男性。

 

‥こういう人達を、見世物にするの‥?

と、最初は思ったのですが、

 

違っていた。

 

それまで、ずっと人目につかないようにと隠され、

目立たぬように、ひっそりと生きていた彼らが、

自分のありのままの姿で、

堂々と人前にでられたことで、

生き生きとエネルギーに満ちてくる。

 

一人ぼっちで生きてきた人生に、

家族のような仲間と、居場所を得る。

 

ショーは大ヒットし、成功をおさめた一方で、

一部の街の人たちの、強烈な反感を買う。

 

 

全ての成功を失って、

ゼロからスタートしなくてはならなくなった時、

 

劇場の焼け跡で、

かつて、新聞に強烈な批判記事を書き、

ショーを『サーカス』と揶揄した記者が、

バーナムに言う。

 

 様々な人達が、平等にステージに存在するこのショーは

 『人間の祝祭』だ。

 

その言葉が、この映画の全てだなぁ、と思いました。

 

Blogのトップへ

 

 

花フェルデンクライス・メソッドwebサイト(PC版)

花フェルデンクライス・メソッドwebサイト(スマホ版)

 

 


にほんブログ村

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Blog村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM