帝国劇場 ミュージカル『マリー・アントワネット』観劇

  • 2018.11.23 Friday
  • 15:48

『マリー・アントワネット』帝国劇場 11/22(木)18:00

 

<本日のキャスト>

 

 

2006年初演の『マリー・アントワネット』

新演出版、ということで、

 

わかりにくかった人物を少し整理して、

帝劇らしい少しきらびやかな演出に変わったものと思い、

いったいどんな舞台になったのかと、

興味があったのですが…

 

びっくり!!

 

ストーリー設定と一部の音楽は同じだけど、

全く違う内容になっていた。

台本も、場面も、全く違うし、

同じ歌でも歌う状況やニュアンスが変わっている。

 

1幕の間、

あれ?こんな内容だっけ?

あのシーンは?

ずっと頭の中に「?」マーク。

 

こういうのは『新演出版』というのかな??

 

初演の『マリー・アントワネット』は、

帝劇ミュージカルではありえないような、

重く、残酷で、ある意味救いのない内容。

 

栗山民也演出で、

帝劇であれをやっちゃうのが、すごい!

と、思った。

 

でも、さすがに再演はないだろう‥。

と思っていたら、今回の再演。

 

演出を変えて、少し華やかにアレンジしたんだろうなぁ、と

勝手に思っていました。

 

 

アントワネットとフェルセンの悲恋を中心にしたという、今回の舞台は、

 

良くいえば、わかりやすく観やすい。

 

でも、初演の時にあった

終演後に、あれはなぜだったのだろう?とか、

どういうことなんだろう?とか、

考えさせる要素や、

原作の残虐な一面はかなりなくなった。

 

偶然、幕間に客席で会った知人の、

その方は初演は観ていないのですが、

「‥何か、普通じゃない?」

と言った一言で、

1幕の間の??が解決した。

 

『1789-バスティーユの恋人たち』

とか、何かどこかで見たことあるような感じ。

 

と、ここまでは、

肉まんのつもりで食べたら、

あんまんだった、というような違和感。

 

 

幕開けからフェルゼン(田代万里生)の歌は素敵だったし、

笹本玲奈さんのアントワネットは美しく、

後半の幽閉されてからのお芝居もすごかった。

ソニンのマルグリットのパワー。

オルレアン公の吉原光夫さん。

ジャック・エベール役に坂元健児さん。

 

素晴らしい俳優さんが集まっているので、

個々の俳優さんのお芝居や歌の満足度は高い。

 

‥ただ、やっぱり全体の内容が

「普通の」華やかなフランス革命もの。

に、見えてしまう。

 

あ、肉まんのつもりで食べたからかな^^

うーん、どっちがいいのかというと、

まだ混乱から抜け出せないのですが、

 

共感しやすく、わかりやすくなったのと同時に、

初演版には、他のミュージカルにはないすごいところも確かにあった。

その部分も失われてしまったというか、

 

両方あるのかな、

と思います。

 

 ⇒Blogのトップへ

 

花フェルデンクライス・メソッド(PC版)

花フェルデンクライス・メソッド(スマホ版)




にほんブログ村

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Blog村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM