12月の観劇日記

  • 2019.01.06 Sunday
  • 11:28

JUGEMテーマ:舞台鑑賞

 

昨年12月は、

色々観たのですが、

ずっとバタバタしていて‥。

 

まず、

スリル・ミー

東京芸術劇場シアターウエスト

2018.12.17(月)観劇

 

 

出演:成河 福士誠治

演出:栗山民也

 

発売開始5分くらいで売り切れてしまった

人気ミュージカル。

 

その後なんとか手に入り、

観に行けました。

初演は観ていないのですが、

4回目です。

 

前回まで、天王洲銀河劇場でやっていたので、

300席弱の今回の劇場。

‥それは競争率が高くなる。

 

劇場が小さい分、

緊迫感がすごく、

まだ幕が開く前から、

客席がシーンと静まりかえっていたのが印象的。

固唾をのんで幕が開くのを待っている、という感じでした。

 

 

劇団カムカムミニキーナ『偽顏虫47

〜名探偵明智小五郎と演劇探偵団〜

浅草九劇 2018.12.16 観劇

 

「ぎがんちゅうフォーティセブン」

と、読むのだそうです。

 

この劇団、初めてでした。

今回は、八嶋智人さんの出演は無し。

 

小さな劇場に、20人以上のキャスト。

「楽屋にいる場所がない‥」と、

開演前に松村武さんが言われてましたが、

 

劇場の空間の密度というか、、

舞台の内容も、すごく劇場に合っていて、

本当に楽しかった。

 

 

劇団朋友『東おんなに京おんな』

朋友アトリエ

2018.12.15観劇

 

出演:西海真理 水野千夏

 

初めて伺った朋友のアトリエ。

西荻窪の街はいい雰囲気でした。

 

離婚した夫の母が、

そうとは知らずに

京都から上京してきてしまい、

しばらく同居する羽目になるという‥。

 

リラックスして楽しめる

女優2人のコメディ。

 

 

作戦会議『楽屋』

Ito・M・Studio

2018.12.8 観劇

 

いつも、レッスンに使わせていただいているスタジオです。

 

いつもながら、住宅街にあるこのスタジオが

小劇場に変身するのが、すごいと思う。

 

清水邦夫さんの『楽屋』

何度も観たり、読んだりしている

懐かしい作品。

学校の発表会でやったこともありました・・。

 

改めて久しぶりに観て

やっぱり、いい作品だなぁ。

と思いました。

 

ここの舞台や、演劇研究所の発表会はいつも観ているので、

若い女優さんの成長ぶりを見られるのも楽しいです。

 

 

 ⇒Blogのトップへ

 

花フェルデンクライス・メソッド(PC版)

花フェルデンクライス・メソッド(スマホ版)

 

 

<関連記事>

『スリル・ミー』 観劇(2014)

『スリル・ミー』 天王洲 銀河劇場 観劇(2013)

『ピアフ』 シアタークリエ(2011)




にほんブログ村

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Blog村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM