シャネル・ピグマリオン・デイズ 2019

  • 2019.07.15 Monday
  • 15:52

 

JUGEMテーマ:演奏会

 

シャネル銀座4階の

シャネル・ネクサス・ホールへ

 

「シャネル・ピグマリオン・デイズ」

抽選に当たったので行ってきました。

シャネルが、若手音楽家5人に

1年間でをれぞれ6回のリサイタルの機会を提供するという

シャネル・ピグマリオン・デイズ。

 

会員登録すれば誰でも申し込め、

抽選に当たれば、

無料で聴くことができます。

 

抽選の確率はよくわかりませんが、

初めて申し込んで、運よく当たりました!

 

1階のCHANELの店舗には縁がない‥、

という感じですが、

 

ビルの横の入り口から上がるホールも素敵でした。

 

(写真はネットのニュースから)

 

若いアーティストの支援として、

素晴らしい企画だと思います。

シャネルって‥、

やっぱりすごいですね。

 

 

2019.7.6 14:00〜

 

この日は、

ピアニスト

小井土文哉さんのリサイタル。

 

桐朋音大に特待生として入学され

首席で卒業。

現在ソリスト・ディプロマコースに在学中という

小井土さん。

 

国内外の色々なコンクールで

優勝・入賞されていますが、

 

今年のヘイスティングス国際ピアノコンチェルトコンペティションで第1位。

 

副賞が、現地でのソロリサイタルと、

英ロイヤルフィルとの公演権という

すごい賞らしいです‥。

 

 

この日は、ラヴェルとショパン。

途中休憩を入れて、1時間のコンサートです。

 

小井土さんのピアノは、

数年前から何度か聴く機会があり、

 

今回は1年以上ぶりだったのですが、

前よりも少し大人っぽく、

演奏家としての落ち着きみたいなものを感じました。

 

 

小井土さんの演奏は、

その空間に、音楽が生まれていくのを一緒に体験しているような、

何だか不思議な感じがします。

 

時々鍵盤から視線をはずし、

彼の中に、音にじっと耳を傾けて音楽を楽しむ人と

音を作り出す人が同居しているような。

 

そして、吟味された1つ1つの音が

大切に空間に送り出されていく。

 

 

私は音楽はたいして知らないし、

演奏の違いなんてわからないのですが…、

小井土さんの演奏は、

何だか特別な感じがするのです。

 

 

ショパンのノクターンの17番。

何度も聴いたことのある曲なのに、

初めて聴く曲のような感じがしたのにも

少しびっくりしました。

 

 

知り合いの先生がおっしゃっていたのですが。

日本人で国際コンクールに優勝する人はたくさんいますが、

たいてい「技術が素晴らしい」と評価され、

 

‥でも、技術はよいが、

しょせん日本人に西洋音楽は理解できない、

という空気もあるのだそうです。

 

 

小井土さんの受賞の際の審査員評は

 

‥正確に覚えていないのですが、

「時代があなたを待っていた」‥だったか、

「あなたの時代が待っている」‥だったか。

はっきりおぼえていないのですが…、

 

今までと違う、

音楽性を高く評価された言葉だった、

ということです。

 

 

素晴らしいピアニストになられるといいなー。

 

 

(Hastings International Piano Concerto Competition 公式youtube)

 

 

<関連記事>

シャネル・ピグマリオン・デイズ 2019 その2 (2019.10)

 

 

Blogのトップへ

 

花フェルデンクライス・メソッドwebサイト(PC版)

花フェルデンクライス・メソッドwebサイト(スマホ版)

 

 

 


にほんブログ村

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Blog村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM