長いお休み 〜雑記4 表情筋〜

  • 2020.05.18 Monday
  • 09:56

 

緊急事態宣言が出て、

家にいるようになって‥

 

ちょうど2週間くらいたった頃、

 

鏡を見て、少しショックを受けました。

 

‥何か。顔が老けた感じがする!

 

 

肌がくすんでいるような・・・

皮膚が少し厚くなったような・・・

しわが深くなったような・・・

 

全体が少し下にさがったような・・・

 

 

「これが5年後のあなたの顔です!」

と見せられるような、感じ。

 

なんか、すごい歳をとってしまった‥。

ガッカリで、気が滅入りました。。。

 

 

 

でも、

・・・ちょっと待てょ‥。

 

思い当たることがありました。

 

 

買い物に行った時に、お店の方と少し言葉をかわす以外、

人と話していない‥。

 

文字でのやりとりが多くて、

直接顔を合わせることが、激減している。

 

お互いの顔を見るコミュニケーションがないと

表情が少なくなる。

 

というか、ほとんどなくなる。

 

表情筋!

 

 

別に不機嫌なわけでもないのに、

例えば、自分では何か楽しんで観ている時でも、

 

頭の中では楽しんでいても、

表情筋はお休みしている。

 

 

パソコンで何か入力をしていたり

スマホを見ている時、

 

ふと、画面に映った自分の顔を見て、

‥うゎ、こんなに不機嫌そうな顔をしている!

と、ビックリすることがありますが、

 

 

四六時中、

無意識に、

そういう状態だったのです。

 

筋肉が動いていないから、

血流も悪くて、

新陳代謝がなくて

肌もくすむし、

 

顔の筋肉も下がり放題。

 

 

フェルデンクライスで、

動きの学習」の話をよくしますが、

 

2週間ず〜っと

表情筋が「動かない状態」、

筋肉が「下がった状態」を

学習し続けた結果だったのです!

 

 

 

‥やばい。

 

それから、日々実験です。

 

どんな状態からでも、

学習によって改善できる、というのが、

フェルデンクライスの考え方の基本です。

 

 

鏡を見るたびに色々なことをした。

 

 

★例えば・・・

 

一番効果があったのが、これです!

 

両目の真下の筋肉に人差し指を置いて、

表情筋で、指を押し上げる。

頬の筋肉。

 

これでかなり動きが戻ってきました。

 

口の周りの口輪筋が重要だということで、

気づいた時に

・思い切り「う」の口をする

・唇を口の中に巻き込む

 (マスクをしていても、ばれずにできます)

・アヒル口にする

 

あと、

・何かをしながら、ずっと割り箸を口にくわえて

 思い切り口角を上げ続ける、ながらトレーニング

 

他にもありますが、

 

頬の筋肉と

口の周りの筋肉と

目の周りの筋肉を動かし続けて、

 

 

‥戻りました!!!

肌の明るさも改善しました。

 

というか、逆に、

これまで、トレーニング不足だったのね。

 

なんか、むしろ、コロナ前よりも

少し表情が出たような気がします。

 

 

このお休みの、思いがけないプラスの影響です。

 

 

 

すべてが、悪いことばかりではない。

 

 

 

Blogのトップへ

 

 


にほんブログ村

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Blog村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM